白い平屋の家を建てました

~ミサワホーム 蔵がある家~

【2020年はてな→ワードプレス】これだけは入れておきたいプラグイン&参考記事

昨年の秋にワードプレスで記事を書き始めて2ヵ月が経ちました。

最初は難しい、訳わかんない…と思っていましたが、だいぶ慣れてきました。

 

ワードプレスとはてなの大きな違いがプラグイン。

今日はワードプレスデビューしたときに「どのプラグインがあれば大丈夫?」という不安払拭のために、これは必須!というものと、あると便利で安心なプラグイン。そして、導入するときに参考になったサイトを一緒にご紹介します。

 

プラグインとは

プラグインはワードプレスの機能を便利に拡張するツール。

ワードプレスは構造がシンプルになっていて、それぞれの好みでカスタマイズできるようになっています。

必要なプラグインをインストールすることで、オンリーワンのサイトができるというわけ。

「おススメプラグイン」で検索するとたくさんの人が記事を書いていて、それぞれに書いてあるおススメプラグインが微妙に違います。

どれを選んだらいいのか分からず「とにかく絶対に入れたほうがいいものだけ誰か教えて~!」と叫びたい気分でした。

最低限必要なものだけ有効化して、後は必要になったら入れていけばいいです。

こんなことできるプラグインないかな~と思うとあったりするのが面白い。

かといって、プラグインをどんどん入れてしまうとサイトが重くなります。なので、不必要と感じたら削除しています。導入も削除も簡単です。

プラグインは無料、有料の両方がありますが、ご紹介するのは全て無料で使えるものです。ただし、無料にするか有料でバージョンアップするかを選べるものも多いのでご注意下さい。

f:id:tayorako:20200113162142j:image

 

これだけはまずは入れようプラグイン

ワードプレスにサイトを開設したら、すぐに入れた方がよいプラグインを7つご紹介します。

Classic Editor

はてなから引越しした人には特にオススメ。

f:id:tayorako:20200113144407p:plain

このプラグインを入れれば、記事を書く方法に迷子にならなくてすみます。

デフォルトだと今までと全然違う景色で「なんじゃこりゃ~!」となる。

このプラグインを入れると、記事の編集画面がはてなと似ているので「ワードプレスでもやっていけるかも」と安心感が生まれます。

参考記事:Classic Editorの設定と使い方:WordPress5.0以降で編集画面を従来のモードに戻す | affilabo.com

ただクラッシックエディターのサポートが2021年までという情報もあるので、標準の「ブロックエディター」に慣れておきたい人はこちらの記事をどうぞ!

参考記事:【2020年版】WordPressブロックエディターの使い方を徹底解説 | WEBST8

 

Contact Form 7

お問い合わせに使用するコンタクトフォームをHTMLなどを使わず、ショートコードのみの追加で使うことができます。

f:id:tayorako:20200113145116p:plain

自動返信メールも設定出来て便利ですよ。

参考記事:【WordPressでお問い合わせフォーム作成】Contact Form 7の使い方 | WEBST8

 

Google XML Sitemaps

Googleのクローラーに記事を巡回して認識してもらうために必要なサイトマップ。はてなでは苦労することが多いですよね。

ブログを更新するたびにgreen先生に通知が自動にいくという神プラグインです。

f:id:tayorako:20200113150521p:plain

はてなで記事更新するたびにサーチコンソールを開いて通知していた手間がなくなる。インデックス&サイトマップが読み込まれるまでの時間が早い!ワードプレスがSEOに強いことを実感すると思います。

参考記事:Google XML Sitemapsの設定方法

 

Pz-LinkCard

ブログ記事のリンクカードを貼るところがなくて探しました。これもプラグインなのか。はてなって便利だな、と思いました。

f:id:tayorako:20200113151416p:plain

デザインもたくさんあってカスタマイズが簡単にできます。

参考記事:Pz-LinkCard – ブログのリンクをブログカード形式で表示できるWordPressプラグイン | ネタワン

 

EWWW Image Optimizer

はてなブログでは画像の位置情報を自動で消去してくれますが、ワードプレスでは消してくれません。最初は違うプラグインを使用していたのですが、このプラグインなら圧縮とともに位置情報を消してくれると知ったので替えました。

f:id:tayorako:20200113152402p:plain

入れたら一括有効化をすると安心です。その後は画像をアップロードしながら圧縮と位置情報の削除をしてくれます。

参考記事:https://rnkt0kyo-blog.com/post-854(【Wordpress】写真の位置情報を削除するプラグインを導入してみた)

 

BackWPup

ワードプレス自体がアップデートしたり、使っているテーマやプラグインがアップデートして更新することがあります。それで不具合が起きることもあるそう。

不測の事態になったときのために、バックアップは大切。

パソコン事件(NEC LAVIEが起動できない!バックアップと初期化にかかる費用 - 白い平屋の家を建てました)でも学びました。

f:id:tayorako:20200113153033p:plain

手動も自動も選べます。わたしは自動バックアップ設定をしています。

参考記事:WordPressでバックアップを取る4つの方法(初心者向け)

 

WP Multibyte Patch

必要さを感じていなかったけれど、今回の記事を書いている中で入れたほうがいいと知りました💦

下の見出しに入れていたのですが、みにまるさんからアドバイス頂いたので必須のほうへ移動します。

参考記事:WordPressを使うなら最初に「WP Multibyte Patch」を有効にしよう! – cmblog

 

あると便利で安心なプラグイン

すぐに入れなくても大丈夫だけれど、あると便利なプラグインです。

こちらも、参考にさせてもらった記事を一緒に貼っておきますね。

他サイトを覗くと「All in One SEO Pack」もおススメされていますが、使用しているテーマ「アフィンガー5」はSEO対策が実装されているので入れていません。

参考記事:WING(アフィンガー5)にAll in One SEO Packが不要な理由

 

保育ブログ(たよらこそだて)をワードプレスに引っ越すときに大活躍したお勧めプラグイン。

f:id:tayorako:20200113155745p:plain

移行したらアイキャッチは吹き飛ぶので、一つ一つ戻していくのは面倒だなぁ…と思っていました。何か方法ないのかなぁと調べていて、このプラグインと出会いました。

一記事だけ失敗しましたが、あとは綺麗に生成できました。

f:id:tayorako:20200113155800p:plain

その時の感動はウルウルものでした。

はてなブログからワードプレスへ移行作業中に困ったら見るべき記事|おかおかブログ

 

まとめ

以上ワードプレスで記事を書くときにおススメしたいプラグインです。

プラグインの設定などは、参考記事に分かりやすく書かれているのでご確認下さい。

 

ワードプレスサイト最新記事

TAYORAKO KITCHEN

 

みなさんからもらった温水器記事へのブックマークコメントを読んで、息子が巣立ったときにエコキュートに替えてアンペアをグッと下げてもいいかなと思いました

アドバイスありがとうございました♡

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ

 

ワードプレス関連記事