白い平屋の家を建てました

~ミサワホーム 蔵がある家~

理想のウッドデッキと現実の縁台 

理想と現実の差

わが家のウッドデッキならぬ縁台は引越し前から使っているので、かれこれ15~16年経っています。
f:id:tayorako:20191110133306j:image

新居へ越してくるときに描いていた理想図はこんな感じでした。

SMART STYLE(スマートスタイル)「A」 HIRAYA|スマートなふたりの平屋|ミサワホームより
f:id:tayorako:20191110133425j:image
理想↑

(  ̄- ̄)ジンセイトハコンナモノダ

現実↓

f:id:tayorako:20191110133306j:plain

ウッドデッキがつけられなかった理由は、ただ一つ。

予算です(´ε`*)

お金があったらウッドデッキつけたと思うよ~。その頃は欲しくて仕方なかったもの。

 

ウッドデッキで何する?

ウッドデッキをつけることが出来ず、使い続けることになった縁台。

どんなふうに使ってきたのか、改めて振り返ってみました。

 

草取り中の休憩に、バジルの葉摘み。

f:id:tayorako:20180622192245j:image

庭を眺めながらボーッとしたくて、お茶やコーヒーを持って座ることもあったのですが……

そんな時に限って、家の前を近所の人が犬の散歩やウォーキングで通るのです。

ブロック塀から体は見えないものの、顔がちょうど見える高さなので

( ・д・)………………………(゜゜)

となる。

井戸端会議が苦手なので、家の中で飲めば良かったと後悔する。 

 

庭でバーベキューという夢は、炭おこしが異常に下手で嫌いな夫により却下されました。バーベキューはキャンプに行ったときにやれば十分なんだそう。 

と、なると……

ウッドデッキ作ったところで、たいした活躍はしていないのかも。

洗濯物も完全室内派です。

 

ウッドデッキの現実(友人宅)

友人宅はDIY好きのご主人が大きなウッドデッキを作りました。多分3畳分くらい。

夏に花火も見える場所に建っているので、何度かお邪魔しました。

ウッドデッキでアワワ飲みながらの花火最高!

やっぱりウッドデッキ欲しかった~、と思ったの。

 

でも、つい先日、その友人宅のウッドデッキが撤去されました。

ご主人は作るのが好きだけれど、メンテナンスは面倒らしくてニス塗りはほとんどせず、ボロボロになってしまったのです。

友人はシロアリの被害が心配だったのと、ウッドデッキを解体したスペースに、もう1台車を停められるスペースが欲しくてご主人に掛け合っていました。

 

最終的にはご主人が解体することに納得。

解体を自分でするのは嫌だということで、業者に頼んだら解体費と処分費で十万円近くかかったと言っていました。

 

つけたかったウッドデッキ

もしもウッドデッキを作れたならMウッド製が欲しかったなぁ。

Mウッドは木質パネル製造の際に出る木くずを再利用した人工材です。

木の質感はよく出ているけれど加工されているので、経年劣化が少なくメンテナンスフリーなんです。

え?ウッドデッキなんだから、そりゃ木製に限るでしょ!という方もいるでしょう。

でもね、木を外に放置したら腐っちゃうんですよ。

長持ちさせるためには1~2年ごとに塗料を塗る必要があるそうです。

ウッドデッキのお手入れ | 一般財団法人 住宅金融普及協会

それ、楽しめます?

 

縁台のメンテナンス

わが家の縁台は、当時DIYにはまっていた友人のお母さんが材料費だけ(10.000円)で作ってくれたものです。

蓋を上げると、中に物が収納できるようになっています。

わたしが想像したことを伝えて形にしてもらった大切なもの。

同じようなものを買おうと思ってもなかなかないし、かわいいけれど小さくて10.000円以上しちゃう


 

軒下で雨ざらしではないとはいえメンテナンスはしなくちゃね。

ここ4~5年していない、マズイね!と夫と話して、必要な塗料を買いに行きました。

 

よーし、久々にメンテナンスするぞ~!

まずは汚れ落としと裏側にたまっていた砂&落ち葉の掃き掃除。

すごかったー💦

f:id:tayorako:20191110133312j:image

表面をサンダーで削る(夫)。
f:id:tayorako:20191110133320j:image

緩んだ釘を打ち直す(夫)。

 

家の外のコンセントの使い道

家の外にコンセントは必須ですよ!

わが家は玄関横。
f:id:tayorako:20191110133338j:image

縁台側の2ヶ所につけました。
f:id:tayorako:20191110133345j:image

今回のサンダー工事や、木の剪定などに重宝しています。

 

ウッドデッキの素材選びは慎重に

夫がサンダー工事している間にわたしはデッキブラシでゴシゴシ。

キレイになりきらん
f:id:tayorako:20191110133327j:image

お店のかたに確認したらニスは不要だそうで、この塗料を二度塗りしました。
f:id:tayorako:20191110133354j:image

やっと塗りま~す♪
f:id:tayorako:20191110133402j:image

中の物を出したり、パーツを洗って乾かしたり、移動したり…塗り始めるまでは大変だけれど、塗ること自体は楽しいのよね。

中に入っていたものは全部出して、いるいらないの分別もしました。

かなり処分したので、すっきりしましたよ。見せられないけどね~
f:id:tayorako:20191110133410j:image

見えない内側部分は塗りムラがあっても「ま、いっか」のたよらこ家です。気になる人ゴメンね。

この中に入れているものは、家庭菜園に使う肥料や土、ネットなど。

結構容量あるんですよ♪

 

小さくてもメンテナンスは必要で、維持するって大変…と感じました。 


 

暮らしにウッドデッキが必要かどうか。


 

ウッドデッキを設置するとしたら、素材は天然木にするか人工木にするかなどを、メンテナンス含めて考えることをおススメします。

 

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました

ミサワホームと平屋のランキングに参加しています

応援クリック頂けると嬉しいです

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ