庭づくり 家づくり

土地が広すぎると手入れが大変!平屋を建てるときの理想の土地の広さは何坪?

土地が広くて、庭が広くていいね~とよく言われますが、メリットよりデメリットをたくさん感じてきました。

ようやく最近、庭の有難さや楽しさが分かってきたけれど、これから先体力が落ちていくことを考えるとちょっと心配。

わたしが感じた広い土地のメリットとデメリットをご紹介しながら、平屋を建てるときに理想の土地の広さについて考えてみたいと思います。

読んでほしい人

  • これから一戸建てを建てる予定の人
  • いつか平屋に住みたいと思っている人
  • 庭のある生活に憧れている人

平屋を建てるときの理想の広さ

このキーワードで検索してみると、どの記事にも「50坪」という数字が出てきます。

平屋を建てるための土地は、延床面積83m2(約25坪)程度の家の場合、建ぺい率50%の地域で166m2(約50坪)以上の広さが必要。

参考:魅力的な平屋で暮らしたい! 建築費の目安と注意点を教えて

4LDK(27坪~28坪くらい)の場合、敷地として必要な面積は、駐車場2台と多少の庭先を考えて50坪位~55坪位は欲しいかと思います。

参考:4LDKの平屋を建てるにあたって必要な土地の広さ

あくまでもざっくりな数字です
  • 平屋の延床面積
  • 車が必要か必要でないのか
  • 駐車場は何台分必要か
  • 庭は必要かどうか
  • 庭で畑をやるかどうか

暮らし方や状況はそれぞれなので、一概にこの広さがあったら理想とは言い切れません。

わが家の土地の広さ

わが家は、まさに「50坪」の土地を理想として探していました。

理想の土地?一度も見つかりませんでした。

値段・立地・広さ」の中で広さが一番難しかったです。

便利な立地なら狭い土地で、駐車場をギリギリ作れるかどうかだっだし、安くて広ーいは家を何軒建てますか?というくらい広すぎたり…。

ちょうどいいって、本当に難しい

見つけた土地は市街化調整区域でした。

一般的に売られている土地と違って、買える人が制限されているために安く手に入りやすいものの、田んぼや畑などの農地を宅地にするために100坪前後になる場合が多いのです。

わが家と同時期に家を建てたご近所の土地はどこも100坪超えでした。

それらの土地も候補に挙がっていたのですが、100坪かぁ、そんなに広くてどうするの?と躊躇している間に売れちゃったのですよね。

あ~、判断が遅かった~と少しショックでした。反対側にあった畑(今住んでいる土地)が売りに出されないかな~と思っていたら、しばらくして売り出されたのです。

それも土地の広さは約75坪

おお、狭い、いや広いけれど、どうにかなる広さかも。

ご縁を感じて速攻で購入を決めました。

75坪の土地に家を建てたデメリット

メリットもあるのですが、まずはデメリットから。

整備にコストがかかった

土地代と建物本体でもヒーヒーだったのに、予算外のお金がたくさん飛びました。

土地の前に農業用側溝があったことも大きく、土留めが必要だったし、周囲を囲むブロック塀やフェンス代も。

橋設置に30万円+土留め&ブロック塀に100万円

駐車場は4台分で(知り合いのためかなり安めで)30万円

それ以外に家の西側と北側に砂利を敷いたり、庭の植木代、土代、肥料代、花壇代などなど…。

総額?200万くらいかな…

雑草を抜くのが大変

引っ越し当初は、家の中の整理で必死でした。

庭には気力も体力も回らず…気づいたら草がボーボー。スギナの大群が押し寄せていてビビりました。

次から次へと生えてくる雑草に「このやろー」「庭なんていらなかった~💦」と泣き言を呟きながら草取りをしました。

税金が高い

わが家は市街化調整区域のため、税金はお安め。

でも一般的には広い土地や大きな家には、それなりの税金がかかります。

広い土地のメリット

次に土地が広くてよかったなぁと思っている点についてです。

好きな家が建てられる

実家を二世帯にしようと設計しているときには、土地をどう使うかに頭を悩ませました。

高さや建ぺい率など、建てる場所や広さによって色々な制限があるのですよね。

削らなければいけない部分も多いし、車はなんとか2台分。庭はほぼなくなる予定でした。

広い土地に家を建てる場合には、好きな家を建てることができます。

広い土地だからこそ、二階建てでは土地が残ってしまうから平屋にしよう…と思いました。

庭や畑を作れる

最初は余裕がなくて、小さな畑さえおっくうでした。

簡単で手がかからないもの(ネギ、じゃがいも、玉ねぎ)から育て始めて、少しずつ種類を増やしていきました。

手を伸ばせば届く場所にある野菜の有難さを感じ始めます。

「玉ねぎがなかった」とサンダルを履いて取りに行ける手軽さと便利さ。

玉ねぎ

育てた野菜を食べる喜びを知ることが出来て幸せを感じます。

隣近所を気にしなくてもいい

以前は住宅地の中に建っている簡素な平屋で、壁が薄いので隣の平屋から笑い声やケンカの声が聞こえていたのです。

だから息子が泣き続けたりすると、虐待と間違われるのではないかとヒヤヒヤしていたの。

今の土地は、隣や前の家とは道をはさんでいるし後ろは田んぼ。

ちょっとくらい大きな声で歌っても全然平気。

バーベキューをするときは風向きに注意するけれど、周囲の家みんなやっているから気にせず楽しめます。ストレスはかなり少ないです。

まとめ

じゃあ、今の土地の広さが理想?と聞かれたら…うーん、やっぱり少し減らしたい。

間取り図

車が4台止まることなんて年に1度か2度くらい。3台分あったら十分かなと思います。

庭もあと少し狭くていいなぁ。

今は庭仕事も楽しくなってきているけれど、これから年老いていくと庭木の手入れがきっと大変になると思います。

 

モッコウバラ

きれいに咲くモッコウバラ

 

見ごろを終えたモッコウバラ

見頃を終えて伸び切ったモッコウバラ

家の西側と北側の砂利部分ももっと狭くていい💦

西側部分の雑草

西側の雑草

 

草取り後

草取り後

草取りの時間が地味にかかります💦土より砂利の合間って抜きにくいの。

程よい広さの庭なら、もっと手入れも行き届くのになぁ。

土地も家も庭もほどほどの大きさが一番ですね。

ということで、わたしの理想の広さは60坪です
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ にほんブログ村 花・園芸ブログ グリーンのある暮らしへ

関連記事・広告



tayorako blog

TAYORAKO KITCHEN:脂質を抑えたヘルシーな料理、パン作りについて

寄り添う子育て:幼児教育20年以上、発達障害自閉症児の加配や子育てから学んだこと

ほどほど庭のtayora koffie:書きたいことを書きたいままに綴るブログ

-庭づくり, 家づくり
-, ,

© 2020 白い平屋の家を建てました Powered by AFFINGER5