本ページにはプロモーションが含まれています

循環する庭作り 庭作り

ふかふかな土を作る|点穴の役割と作り方

庭をリセットするとき、土壌改良とともに点穴を設置してもらいました。

点穴施工

点穴(てんけつ)とは

空気や水の通り道。

呼吸ができない土は硬くなり、植物が育ちにくく保水もできなくなっていきます。

リセット前の庭

リセット前の庭は石やブロック花壇などを置き、呼吸の通り道を塞いでいました。

グランドカバーとして植えたタマリュウが大繁殖して、土の中はぎゅうぎゅうな状態に…。

元気のない土で育つのは、雑草と呼ばれる繫殖力の高い草でした。

 

空気と水が循環することで本来の機能を取り戻し、保水力の高いふわふわの土になっていきます。

ふわふわの土になると様々な植物がイキイキと育ちやすくなります。

点穴の作り方

  1. 直径20㎝程度、20~30㎝の深さの穴を掘る
  2. 穴の中に小石や炭を入れる
  3. 竹や枝を編みこむように入れていく

step
1
穴を掘る

施工してもらった穴は30cmほどと結構深いのですが、調べてみると深くなくても効果があるようです。

穴を掘る

直径20㎝程度、20~30㎝の深さの穴を掘っていきます。

created by Rinker
¥5,830 (2024/07/14 10:33:42時点 楽天市場調べ-詳細)

プロは複式ショベルを使っていましたが、シャベルで大丈夫ですよ。

step
2
小石や炭を入れる

小石はそこら辺に転がっている石でも、鉢底石でも、砂利でもいいです。

炭(無機質なもの)と次に使う枝など(有機物なもの)を入れることで、微生物が動き出します。

炭を入れる

step
3
竹や枝を入れる

竹を入れる

①竹を放射線状にさしこむ

枝を入れる

②枝を編むように入れる

庭の広さにもよりますが、この点穴をひとつではなくいくつか作ります。

設置場所

点穴は、敷地の下流や水を呼び寄せたい場所にを設置します。

どこに設置したらよいか分からないときに、敷地の四隅で試してみるのがおすすめです。

レイズドベッドにも両側の奥、二カ所に点穴が設置されています。

レイズドベッド

点穴に差し込まれている管は、コルゲート管で穴を保つためのチューブです。

施工時に設置してもらったものですが、この管はあってもなくても大丈夫です。

まずは気軽に、スコップで穴を掘って、剪定した草木を差し込んでみて下さい。

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ にほんブログ村 花・園芸ブログ グリーンのある暮らしへ

-循環する庭作り, 庭作り
-,

© 2024 白い平屋の家を建てました Powered by AFFINGER5