白い平屋の家を建てました

~こだわりの蔵がある家~

秋の長雨も安心、衣類乾燥除湿機を2ヶ月使って感じたこと

台風の被害は大丈夫でしたか?関東もまだ風がすごく強いです。

台風や秋雨に左右されるものは洗濯物。

7月中旬にコロナ衣類乾燥除湿機 (BD-H109)を購入して2ヶ月が経ちました。

使って感じたメリット・デメリット、電気代についてまとめてみました。

 

電気代の変化

衣類除湿乾燥除湿機を買ったのは、電気代を節約したいからでした。

それで電気代下がったの?

それが一番気になるでしょ。

その結果は…

使用量総計(kWh)

2018.8月 874→2019.8月 850

2019.8月 908→2019.8月 854

電気代(円)   

2018.8月 18846→2019.8月 17999

2019.8月 20010→2019.8月 19949

下がりましたよ……

……いや、驚くような差はありませんでした~♪(´ε`*)

夏は気温が高くて浴室乾燥機を長時間使わないので、差が出にくいのだと思います。

こんなに変わったぜ!とご報告したかったのに残念。

買って良かったことや、発見について書きます。

 

  

洗濯のルーティーン

浴室乾燥から、衣類乾燥除湿機を活用した洗面所乾燥に変わりました。

洗面所に突っ張り棒を設置して乾燥部屋にした記事です。

わが家の洗濯は夜干し、朝たたみ完了型(一部、部屋干しで夕方たたんでいます)。

 

洗濯物を洗ってたたむまでの流れです。

  1. 夜、洗濯機を回す
  2. 洗濯物を干す
  3. 洗面所に洗濯物を掛けて、除湿乾燥除湿機をスタート
  4. 朝、除湿乾燥機にたまった水を捨てる
  5. 洗濯物をたたむ

増えた手間は衣類乾燥除湿機にたまった水を捨てることくらい。

今までと同じ流れで過ごせているのでストレスがないです。

 

衣類乾燥除湿機を使って洗濯物以外も乾燥?

洗面所を除湿乾燥に使うという記事を更新したときに、ブックマークコメントやTwitterで「浴室を乾燥部屋として使ったらどうかな?」という声を頂きました。

浴室を衣類乾燥除湿機部屋にしなかった理由は、

濡れている浴室床に電化製品である除湿機を持ち込むのが危険と感じた(床を拭きあげるのは面倒くさい)。

コンセントは洗面所なので、扉が完全には閉められないなどが理由でした。

f:id:tayorako:20190721100656j:image

浴室内のカビ防止のために短時間浴室乾燥+衣類乾燥除湿機を使った洗面所乾燥と併用していましたが、もったいないのでやめました。

今は浴室の扉を開けたまま、衣類乾燥除湿機を動かしています。

今の季節なら衣類乾燥夜干しコース4時間で洗濯物、浴室内まで乾燥できます。
f:id:tayorako:20190922124033j:image

浴室排水口は、わが家のタイプはカバーがあるのでそのままにしましたが、頂いたアドバイスではラップなどで蓋をすると効果的だそうですよ!

洗濯機の蓋も開けているので、洗濯槽も乾燥させている気でおります。

 

失敗は洗面所に飾っていたスワッグがドライフラワーを通り越してカッサカサになりました。
f:id:tayorako:20190922124048j:image

早めに避難させれば良かったです💦

 

部屋干しが嫌な理由

  • 部屋の中が湿っぽくなる
  • 洗濯物が臭くなる
  • 洗濯物がぶら下がっていると気持ちが沈む
  • 仕事から帰宅して洗濯物をたたむのが面倒
  • 雨が続いて乾かないと洗濯物を干す場所がなくなる

衣類乾燥除湿機を使用するたことで、この問題全てが解消します。

天気に左右されずに洗濯したいときや、洗濯が必要になったときにジャブジャブ洗えるのは心強いです。

 

コロナ衣類乾燥除湿機は移動がラクちん

ベッドマットや布団カバーなど大きなものを洗って乾燥したいときには、寝室横の縁側スペースを使用しています。
f:id:tayorako:20190922135303j:image

水色で囲った場所。

f:id:tayorako:20190719094122j:image

この場所には、ホスクリーンを設置しています。

f:id:tayorako:20190719094138j:image

コロナ衣類乾燥除湿機 (BD-H109)は車輪がついているので、転がして移動ができます。

この場所に洗濯物を干して、
f:id:tayorako:20190719094059j:image
ロールスクリーンを下ろせば、衣類乾燥部屋が出来上がり。
洗面所の突っ張り棒よりも広くて明るいので、日中に乾燥させたいときにはこちらを使用しています。
f:id:tayorako:20190719094111j:image

BD-H109のメリットとデメリット

デメリットは大きいこと。存在感・圧迫感があります。

音もそれなりにあります。

夜動かすときに、縁側のホスクリーンを使わないのは音が気になるから。

日中ならそれほど気になりませんが、寝ているときだと不快に感じると思います。

 

メリットはタンクの容量が大きいこと。

f:id:tayorako:20190721100851j:image

タンクに4.5Lの水がたまると自動的に運転を停止して、ランプと満水メロディーでお知らせしてくれる機能がついています(お知らせメロディーは鳴らない設定にもできます)。

大型のものを干しても乾くまでに満タンですよと呼び出されることは今のところ一度もありません。

夜乾かして朝起きても半分くらい。

タンクの容量は大きめがおススメです。

 

ルーバーから風が出るところもいいです。

動きながら風を洗濯物に当ててくれるので、扇風機を併用しなくても済みます。
f:id:tayorako:20190719094016j:image
操作ボタンもシンプル&色別になっていて分かりやすい。

f:id:tayorako:20190719093956j:image
色とデザインが好き。

白×グレイッシュブルーのカラーで、シンプルな形が気に入っているので大きさはそれほど気になりません♪

 

お手入れのしかた

タンクの水を流したら、水洗いして水分を拭き取ると説明書には書いてあります。

わが家では時々水洗いしますが、普段は逆さまに置いて水をきっているだけ。

本体は柔らかい布で乾拭きし、エアフィルターを2週間に一回程度掃除機で吸う…と書かれていますが、一ヶ月に一度しかしていません😋

f:id:tayorako:20190719094041j:image

定期的に(ちゃんと)やらなければ。

 

これから冬になり、室温が下がると洗濯物が乾きにくくなるので、電気代の差も分かりやすくなるかな。 

定期的にレポートしたいと思います。

 

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました