メンテナンス

ミサワホーム|フロアセントラル換気システム(EAS-A6)と吹き出しグリル(吸気口)のメンテナンス

ミサワホームで標準装備のフロアセントラル換気システムは、高気密を生かしながら部屋の汚れた空気を外に出して空気を循環させるシステムです。

わが家に設置している換気システムの型番はEAS-A6でした。

洗面所の天井に吸い込みグリルが設置されています。

セントラルフロア換気システム

24時間換気システムは、窓を開けずに室内の空気をファンなどの機械を使って計画的に入れ替え、常に新鮮な空気を維持するためのシステムです。

住宅の高断熱高気密化にともない、VOCをはじめとした、化学物質によるシックハウス症候群の増加が問題になったことで、2003年に建築基準法が改正され、24時間換気システムを設置することが義務づけられました。

24時間換気システムには、窓を開けて風を通す自然換気と比べると

・住宅内部の化学物質を取り除く。

・風通しの良し悪しに係わらず、住宅内部の空気を入れ替え、部屋に籠もるニオイの除去もできる。

という利点があります。

【お手入れ方法】

フロア換気システム掃除図

メンテナンス|ミサワオーナーズクラブより引用

2ヶ月に一度、フィルター、防虫ネット、熱交換器の清掃を行っています。

夫担当♡圧倒的感謝

点滅機能がついていて、掃除時期を教えてくれます。

換気システム点灯

わたしの代わりに夫に知らせてくれるこのピコピコに感謝♡

セントラル換気システムのフィルター、防虫ネットの買い替え

換気システムの吸い込みグリルのフィルター、防虫ネットは2年前に交換しました。

オーナーズクラブで1セット3.340円でした。

フィルター部品

換気システム部品

 

画像:らいさぽWebショップより

スギ花粉を96%捕集がうれしい。交換目安は3年です。電気代は1日数十円だと聞きました。

熱交換器自体もそろそろ交換時期なの~。値段はフィルターとセットで12.140円。

ミサワホームに交換を頼むこともできますし、部品を購入して自分で交換することも可能です。

メンテナンスってお金がかかるなぁ💦

吹き出しグリル(吸気口フィルター)の掃除方法

吸気口フィルターの交換記事をチラリと読んで「そういえば、10年間一度も掃除していないし、見てもいない…」と昨年気づいた吹き出しグリルの存在。

何が出てくるか分からないので、恐る恐る覗いて見ると…。

吸気口

思ったほどではないにしても、そりゃ汚れているよね…

回して外そうと思ったのですが、外れず💦

説明書を取り出して確認すると、わが家の吹き出しグリルは外さずにふき取るだけでいいみたい。

吹き出しグリルの清掃方法

水または中性洗剤を入れたぬるま湯に浸した布で汚れをふき取った後、乾拭きしてください。

※周囲環境の影響により、黒いススのようなものがふき出される可能性があります。これは外気に含まれる成分であり、機器内部から発生したものではありません。

黒いスス

ほー、これか。なるほど、と拭き拭き。

掃除後

拭き取り完了です。

ミサワさん、設置場所が高くて手が届きません…掃除させないために、ここにつけましたか?

高い場所にある吸気口

リビングなんて、脚立使っても届きそうにない。

リビングの吸気口

拭き取りたくてウズウズしているのに~~| ̄з ̄)♪

春や秋などアレルギー反応が出やすい時期、家の中に入るとすごく安心します。

空気洗浄機を使っていなくても、部屋の中ではくしゃみが止まらないなどの症状は出ないから。

玄関に入る前に花粉を払ったり、コロコロクリーナーで落としたりしてから室内に入るなどの工夫はしていますが、換気システムのフィルターに守られているなと感じます。

手が届く場所だけでも、定期的に拭き取りをしなくっちゃ

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ にほんブログ村 花・園芸ブログ グリーンのある暮らしへ

関連記事・広告



tayorako blog

TAYORAKO KITCHEN:脂質を抑えたヘルシーな料理、パン作りについて

寄り添う子育て:幼児教育20年以上、発達障害自閉症児の加配や子育てから学んだこと

ほどほど庭のtayora koffie:書きたいことを書きたいままに綴るブログ

-メンテナンス
-,

© 2020 白い平屋の家を建てました Powered by AFFINGER5