白い平屋の家を建てました

~ミサワホーム 蔵がある家~

電動シャッターのメリット・デメリット!値段とお手入れについて

見た目問題で、シャッターを付けないお家も多いですよね。

わが家は防犯のため、大きな窓全てにシャッターを付けました。

それも電動シャッターを付けちゃいました。

「これはおススメです」という言葉をほとんど言わなかった営業が、電動シャッターだけはオシオシだったのです。

その方もわが家より数年早くミサワホームで家を建てていて「本当に電動シャッターは付けて良かったです」

それほどまでに…?

そして現在思うのは…本当に付けて良かった!

電動シャッターを付けるといくらかかるのか、メリットは何かについて書きたいと思います。

  

電動シャッターの値段

大きな吐き出し窓2ヶ所と腰高窓が2ヶ所。

計4ヶ所の窓にシャッターを付けました。

吐き出し窓に付けた電動シャッターは157.000円×2ヶ所

腰高窓に付けた電動シャッターは116.000円×2ヶ所でした。

合計546.000円💦

戻れるなら辞めるのかというと…付けます

 

電動シャッターのメリット

毎日のシャッター開け、ボタン一つです。

雨が降っていたってピ。

風が吹いていたってピ。

 

夏は日差しが暑い。

わが家はカーテンをシングルにしました。

当たり前ですが、レースだけだから遮熱効果が弱いです。

そんな時は電動シャッターを半分のところで止めておきます。
f:id:tayorako:20190503121709j:image

シャッターのボタン(左のスイッチはダウン照明)

△ 開ける

□  止める

▽ 閉める

f:id:tayorako:20190502221301j:image

天候や温度の影響を受けることなく、室内で開閉出来るって便利です。

シャッターを開けようと、お化粧する前に窓から顔出して、ご近所さんと目が合ってアッ!|  д ̄)という失敗も防げます。

 

電動シャッターのデメリット

高いこと…💦

壊れた時のメンテナンス代もコワい。

停電時には手動でないと開きません。

その場合、通常のシャッターよりも重くなります。

吐き出し窓のシャッターの収納ボックスを、軒天埋め込み型にしてもらいました。

腰高窓はボックスが出ていますが
f:id:tayorako:20190503121837j:image

埋め込み型だと、こんなふうに見栄え問題も解消されてスッキリ!
f:id:tayorako:20190503121856j:image

気に入っているのですが、昨年隙間に蜂が入り込んで巣を作ろうとしたのです💦

もしも大きな巣になってしまったら、解体して取り除くことになるので注意しなければ。

今年はこのスプレーを、蜂が巣を作るためのパトロールに現れる前(5月)に吹きかけておこうと準備してあります。

、もう5月だった!

記事書いていて良かった~。早めにやろうっと!

 

電動シャッターの後付けは可能?

電動シャッターは後付けが出来るみたいです。

電気配線が必要になるので、リフォーム工事には電動シャッター工事の出来るところを選ぶ必要があるそうです。

また、サッシの上部や下部のスペースが少ない場合にも設置出来ると書いてありますが、シャッターを取り付け出来る寸法については、確認して下さいね。

 

自分で出来る電動シャッターのメンテナンス

電動シャッターの耐用年数って十年みたいなのです。

今のところは大丈夫そうですが、いつ壊れてもおかしくないと頭に入れておかなければ。

ミサワホームから「年に一回は潤滑(シリコン)スプレーを左右ともさして下さい」と言われています。 
f:id:tayorako:20190502221325j:image

分かりやすく書かれているものを見付けたので、参考までに

シャッターの正しい注油方法 | オバタシャッター商会株式会社

年間掃除予定表に入れて、さし忘れないようにしています。

 

画像リンクの貼り方の追記

この記事を読んだ嫁氏(id:mashley_slt )さんから、画像にURLをリンクさせる別の方法を教えて頂きました。 

やってみたら、とても便利で感動しました。

試したくてホームベーカリーでパンを作った記事のリンクを作ってみました。

↓画像をクリックすると、記事に飛べるようになっています
f:id:tayorako:20190429102934j:image

f:id:tayorako:20190429102942j:plain

f:id:tayorako:20190429102951j:plain

写真もボケずにキレイ✨ 

嫁氏さんにOK頂いたので、別記事にまとめました。

興味のある方はご覧下さい。


最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。