白い平屋の家を建てました

~こだわりの蔵がある家~

ダイニングがない家 ~LK(リビングキッチン)を選択した理由と昇降式テーブルの活用~

LDKの意味

間取りで良く聞くLDKは、ご存じの通り

L(リビング)…居間

D(ダイニング)…食堂

K(キッチン)…台所

わが家にはダイニングがなく、リビングでご飯を食べています。ダイニングセットも置いていません。

その代わりに昇降式テーブルを購入しました。

今日はどうしてダイニングをなくしたのかについて書きたいと思います。

 

ダイニングを作らなかった理由

  1. コスト削減のため、家をコンパクトにする必要があった。
  2. 引越し前は小さな借家だったので、リビング(というより狭い居間)で食べていた。
  3. 実家にはダイニングセットがあり、椅子を移動しての掃除が大変だった。
  4. 義実家にもダイニングセットはあり、テーブルの上は収納と化していてご飯はリビングで食べている。
  5. スペースを確保しようと思えば出来るものの、違うことに使いたかった。

小さくても広々と見える家を造りたい。そのために天井も上げました。空間の中に家具をたくさん置きたくありませんでした。

リビングとキッチンの間に少々のスペースはあり、小さなダイニングセットなら置けたのです。でも、その場所はスタディコーナーに使用したいと思っていました。

いっそのこと、ダイニングをなくしてしまえば良いのでは…と考えました。

 

昇降式テーブルを探す

借家時代はコタツテーブルを使用していましたが、出来れば椅子に座って食べたい。

でも、椅子を使って食べる時とカーペットに座って寛ぐ時、両方に丁度良い高さの幅は大きい。その差を上下出来るテーブルはなかなか見つかりませんでした。

今ならインターネットで探せば購入出来るのかもしれません。わが家は引っ越すまでインターネット環境はなかったですし、出来れば実際に目で確かめて買いたいという気持ちもありました。

リビングの中心に置くものなので、ある程度の重厚感はあってしっかりした造りの物を探しました。

無段階調整で素敵なテーブルもありますが、足がクロスしていると座る時に邪魔かなぁと思い却下。

探し回って見つけたのは、大塚家具の「昇降テーブル~フィット~昇降式Cタイプ(長方形)ロータイプ」です。

ソファは現在売られていないようですが「ブランク」というシリーズのカウチソファで、色は布七色・ソフトレザー六色の中から布ブラウンを選択しました。わが家にとっては安い買い物ではなかったので、数か月悩みましたが気に入っています。

品質表示を見たら「園田椅子製作所」という会社で造られた椅子みたい。

f:id:tayorako:20190318105135j:image

椅子マニアの方の影響を受けて、その会社を調べてみたところ

たくさんの商品を安価に作る事は出来ませんが、使う人の顔を思い浮かべて1つずつ心を込めて作る事、長く使って頂ける家具を丁寧に作る事を一番大切にしています。

と書かれていました。十年使ってきて、どんなところから嫁入りしたのかを初めて知りました。心を込めて作ってもらったソファなのだと知ったら、今まで以上に愛着がわきました。

 

微妙な高さを埋める工夫

昇降式テーブルにはハイタイプ(高さ560~710)とロータイプ(高さ440~560)※素材によって差があります。ご確認ください があってロータイプを選択しました。

一番低くしても、正座で食べるにはほんの少し高い。

一番高くしても、ソファや椅子で食べるにはちょっと低いの。

ハイタイプにしたら良かったのかというと、カーペットに座って寛げる高さではなくなってしまいます。

試行錯誤を重ねた結果。

春~秋はテーブルを高くして、低めの椅子(木脚スツール)に座って食べる。

f:id:tayorako:20190318105207j:image

木脚スツールはニトリで見つけました。高さ32cmという中途半端な高さのスツールを見つけた時には「ニトリさ~ん!ありがとー!」と思いました。

 

冬は寒いのでホットカーペットに座りたい。テーブルを低くして、フロアスツールに座って食べる。

f:id:tayorako:20190318105226j:image

フロアスツールもニトリで購入しました。 

お客様が来て、木脚スツールが足りなくなった時にはフロアスツールを二つ重ねて、手作りしたカバーを掛けます(最近出していなくてシワシワ💦)。

f:id:tayorako:20190318105240j:image

f:id:tayorako:20190318105254j:image

不便なく、食べたり寛いだりすることが出来ています。

ダイニングがなくても大丈夫かなと悩んでいる方がいたら、安心してください。

なくても大丈夫ですよ!

 

でも、年を取ったらもっと高い椅子の方が楽かしら。そう思ったら、その時に設置すれば良いと思っています。生活スタイルって変わっていくもの。暮らしやすい間取りや家具の配置は、変わっていくものかもしれません。

f:id:tayorako:20190318105316j:image

希生が巣立ってスタディコーナーがいらなくなった時には、その場所に二人用のダイニングセットを置くのもいいかなぁと思っています。その時には夫と二人でお気に入りの椅子とテーブルを探したいな。

近々、スタディコーナーについてもご紹介したいと思っています。

 

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました!