白い平屋の家を建てました

~こだわりの蔵がある家~

寒い時期のお弁当はTHERMOSスープジャーを使います ~アマゾンアソシエイトとブログパーツカエレバへ登録~

毎日のお弁当作り

高校一年生の息子(希生けい)は、毎日お弁当持参です。

「蓋を開けた時の木の香りがいいんだ」と、曲げわっぱの弁当箱を愛用しています。

奥は気が向いた時に作る夫用

f:id:tayorako:20190218104819j:image

身体の線が細いからか、寒さに弱く冷え性。

お気に入りのわっぱ弁当箱も冬の間はお休みで、保温弁当箱を持参しています。

ご飯とおかずを分けたいのですが「味噌汁がないと凍え死ぬ」そう。

おかずは丼ぶり形式で、ご飯の上に乗せています。

この日はsaku(id:sacoolablog)ちゃんにご紹介頂いた、鶏むね肉のチャーシューを乗せました。簡単で美味しくてお気に入り。たよらこ家の定番メニューになっています。

【はてなトリムネサークル加入?】簡単でジューシーな鶏むね肉チャーシューや、アレンジ多様のほぐし鶏むね - サクラサク〜Simple Lifeに憧れて〜

f:id:tayorako:20190218104347j:image

ご飯用に使用していた保温弁当箱が劣化してきたので、新しいものを購入することにしました。

 

初めてのアマゾン購入 

わたしは楽天市場派で、夫はアマゾン派です。

どうしてもアマゾンで買い物をしたい時には、夫に頼んで注文してもらっていました。

夫婦それぞれがアカウントを持つ必要はないかなと思っていました。

 

ブログの商品広告で、楽天でもアマゾンでも(中にはヤフーなどでも)購入者側が選べる方法を見て、目から鱗。

わたしが楽天派だからといって、見て下さった方が同じとは限らない。

選べるっていいわと思い、まずはアマゾンアソシエイトに申し込んでみることにしました。

ん?ふむふむ、アマゾンで商品を購入していないと不合格になりやすいという情報がある。

そこで今回新しくする保温弁当箱を、アマゾンで購入。

日曜日の午前中にアマゾンの登録と注文を終えて、そのままアマゾンアソシエイトに申し込み。その日の夕方にはアソシエイトから承認メールが届きました。

商品は翌日の月曜日には届きました。アマゾン、何もかもが早い(・・)

f:id:tayorako:20190218104407j:image

購入したのはTHERMOS真空断熱スープジャー500㎖。

↓こんなタイプのものもあったけれど、おかずが温められないし。

 

 

↓このタイプなら全て保温出来るけれど、見栄えがイマイチと却下。

 

 

 

今までと同じようにスープジャーの二個持ちが良いそうで、色も容量も希生が自分で選びました。選んだチョコ色以外にはアボカド色という黄緑色もあります。 

 

 

500㎖のペットボトルと並べるとこんな感じ。大きさは今までの保温弁当箱よりちょっと大きくなりました。

f:id:tayorako:20190218104422j:plain

フタは二重構造になっています。魔法びんと同じステンレス製で、高い保温力と保冷力。

本体以外は食洗器にも入れられます。

f:id:tayorako:20190218104432j:plain

みそ汁用の300㎖のスープジャーはこちらのサイズ。お椀一杯分が丁度入る容量です。

 

 

商品紹介パーツ カエレバの登録

商品パーツはカエレバ(商品紹介ブログパーツ カエレバ)に登録して、すぐに使えました。便利ですね!

コピーしたテキストを入れる場所を間違えて、文章が商品の枠に入り込んでしまったりして四苦八苦。HTML編集を理解していないから、こんなことになるのですよね。brとか<div>とか改めて検索しました(まだ理解には至っていません)。

途中で全部飛んだので、もう一度打ち直して最後の最後に商品のテキストリンクを入れて何とか出来ました。慣れるまで時間がかかりそうだけど、新しい発見にわくわくしています。

 

希生は新しいTHERMOSのお弁当を持って学校へ行きました。

「(希生)お弁当が一番幸せな時間」がより楽しみになりますように。
f:id:tayorako:20190219075337j:image

 

次回は十年点検について書きたいと思います。

最後までお読み下さり、ありがとうございました(*^^*)