白い平屋の家を建てました

~こだわりの蔵がある家~

【2019年】はてなPrо変更から10か月、6度の不承認を経てGoogleアドセンスにやっと合格出来ました

アドセンス合格までの道のり

実はこのブログ、はてなブログで2つ目のブログです。

メインブログを始めたのは2017年の春でした。

分かりやすく時系列で書きます。

2017.4月 メインブログ開設(子育てブログ)

2018.4月 はてなPrоへ(雑記ブログへ変更)

  4月下旬~5月 アドセンス審査3回不承認(ポリシーに準拠していないサイト)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018.12月 アドセンス審査へ→不承認(ポリシーに準拠していないサイト)

2019.1月 新ブログ(このサイト)開設

  1月22日 アドセンス審査へ

    22日夜 不承認メール(サイトが見つかりません)

  1月24日 2度目のアドセンス審査へ

    28日 不承認メール(サイトが見つかりません)

  1月28日 3度目のアドセンス審査へ

  2月14日 合格

 

合格時のブログスペック

  • 初更新から25日目に審査申し込み、17日後に合格メール
  • 審査申し込み時17記事、合格時25記事
  • 文字数は平均1500文字程度(1000文字は超えるように書いていました)
  • 更新頻度は2日に1記事程度
  • 特化ブログ(家づくりやメンテナンス中心)
  • 画像は自分で撮影したもののみ使用
  • プロフィール記事の作成
  • お問い合わせフォームの設置
  • プライバシーポリシーの記載
  • PV数50~100
  • 読者数80人くらい
  • はてなスターなし
  • グローバルメニューの設置
  • パンくずリストの設置
  • カテゴリーは3つ(5・7・13記事とかなりの片寄りあり)
  • グーグルアナリティクス連携
  • グーグルサーチコンソール登録

 

厳しくなったアドセンス審査

以前のアドセンス審査は当たり障りのない内容や日記でも審査に通ったようなのですが、年々厳しくなっているそう。

不合格に心折れて諦めていた間(2018年秋頃)に審査用ブログで合格しても、他のサイトにアドセンス広告を貼れない仕様に変わっていたようです。なぜにそこで諦めてボサッとしていたのだ…とその頃の自分に会えるなら言いたい。

回り道をしたけれど、回り道をしたからこそ気付けたことがたくさんありました。

情報収集の上手な方や理解力の高い方には、呆れられちゃうくらい低レベルな気付きです。

でも、もしかしたらわたしと同じような悩みや壁にぶつかっている方がいるかもしれないと思い、恥ずかしながら記事にしてみました。

 

Prо変更にしてアドセンスに合格すると何が変わるの?

ブログを始めた理由は何となく。

Prоも知らなかったし、アドセンスも知らなかったです。

ブログを一年続けられたので、自分へのご褒美にPrоという肩書でも付けちゃおうかな…なんて。

ついでにアドセンス広告も載せちゃう?と安易に考えていたら、Prоの代金(1年コースは年間8.434円)だけではなく、独自ドメイン代も必要で驚いたという低レベルさ。

独自ドメインとは自分専用のサイトのアドレスです。

はてなで無料ブログを作るときにはhatena.ne.jpやhateblo.jpなどが付いていますよね。

独自ドメインに変えるとhatenaが取れます。

このサイトの場合はwww.tayorako-hiraya.comです。

.comのところが選べて、選ぶものによって値段も変わります(1年目すごくお安いものもありますが、更新料が高いものもありますのでご注意下さいね)。

独自ドメインはメインブログにも付けていて2つ目。わたしはお名前ドットコムで購入したので、1つ年間で1.280円(時期によりお値段違うこともあります)。

1つのサイトをpro化して独自ドメインを付けたら年間で9.714円かかることになります。

アドセンスに合格しない場合、肩書だけ持った赤字運営ブログになります。

わたしの10か月間がその状態でした。

 

アドセンスに合格したら赤字が黒字に変わるのかというと、それは何とも言えません。

アドセンス広告のしくみは、ブログに表示される広告を読者がクリックしてくれることで収入が得られるようになっています。

クリックしてもらえなければ収入はありません。広告料は1クリック1円のものから数百円まであるそう。自動広告システムで、グーグルが記事に合わせた広告を選んでくれるので楽ちんです。

ただし、たくさんのクリック数を上げる(=収益を上げる)ためにはたくさんの方に記事を読んでもらう必要があります。

 

はてなスターと収益は関係がない

無知なわたしはスターがたくさんついている記事を見ると「わ~、すごいなぁ。きっとたくさん収益出ているのだろうな」と思っていました。

proにして雑記ブログにしたら、わたしのメインブログにもたくさんの方が遊びに来てくれるようになり、読者数は300人を超えてスターも200~300頂けるようになってきました。

でも、そもそもアドセンスに合格していません。アフェリエイト広告は貼ってありますが、利益が出る月(数百円程度)もあればゼロの月もありました。

自分が経験してみてやっと分かったことは、スターと収益は関係ないということ。

もちろんスターも収益もすごい方もいらっしゃいます。

逆にスターが数十個でも月間〇万PV(PVはページを閲覧した数)という方もいます。

収益に必要なのは、スターではなく検索して来られるかたの数。

回り道をしてやっと気づけた、ブロガーなら知っていて当たり前のことでした。

 

家ブログを書こうと思った理由

わたしのメインブログは何となく始めたので、何となくの日常を書いていました。

「こんなことがあって、嬉しかった」

「こんなことに興味あります」

有名人のブログなら、そんな内容でもファンが読んでくれるかもしれません。

わたしのような一般人が書いた日常の記録を、検索して来てくれる人はいません。

そこにもっと早く気付けたら良かった。 

新しくブログを作るとき、わたしが伝えられそうなことを考えてみました。

いくつか浮かんだ中で、失敗が多かった家づくりを選んだのは、読者は成功の経験よりも失敗の経験を共感したいし、その失敗によって学んだことを生活の中で生かしたいのではと思ったから。

ここまで辿りつくのに、無料ブログを開始してから一年十か月かかってしまいました。

 

ブロ友さんのハナ(id:HappyUnbirthday)ちゃんに相談に乗ってもらいながら再挑戦したアドセンス審査。

一人ではたどり着くことは出来なかったと思います。ハナちゃん、ありがとう。 

長くなってしまったので、次回具体的に新しいブログを立ち上げた時に大変だったことやハナちゃんからもらったアドバイスなどについて書きたいと思います。

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

 

 

☆続き記事

☆ブログ運営報告