白い平屋の家を建てました

~こだわりの蔵がある家~

なんちゃってタンクレストイレとリフレッシュプロガード

 

ミサワホームのなんちゃってタンクレス

タンクレストイレを付けたかったけれど、諦めざるを得なかった予算。

最近は値段が落ち着いてきて、仕様によっては手が伸ばせそうなものも出てきました。

十年前はまだまだお高く、手が届きませんでした。

 

ミサワホームから、タンクレスに見えるトイレがあることを提案されました。

どんなものかと思ったら、タンク部分を収納と一体化にして隠してしまうというものでした。

最近DIYリメイクで流行っていますね。

SNSでオシャレなものを見かけます。

 

なんちゃってタンクレストイレの値段 

値段はタンクレストイレの半値くらいでした。

「うん、これで十分。素敵!」

と、このタイプを設置することに決めました。 

値段は変わっているかもしれませんが、参考までに当時の値段です。

 

システムトイレ(1階用)      129.780円

普通便座から洗浄暖房脱臭便座へ変更 47.370円 

トイレ収納(吊戸棚)        12.570円

計                 189.720円

 

タンクレス風にすることのメリット

タンクを隠すための棚の左右に収納が付いています。

f:id:tayorako:20190131105509j:image

トイレの掃除用具やサニタリー用品を入れることが出来ます。

上部に吊戸棚があり、トイレットペーパーを収納しています。 

なんちゃってタンクレストイレは、わが家に来るお客様に「いいね」と褒められることが多いです。

 

ベースはLEXELのPASSOシリーズ

トイレはLEXELのPASSOシリーズ。

LIXIL | トイレ | シャワートイレ New PASSO

新しいシリーズは、形がシャープに変化していてカッコいいですね。

f:id:tayorako:20190131105631j:image

理想はタンクレストイレで手洗いを別に…だったのですが、広さが足りないので手洗いはタンクの上部を利用しました。

広さは0.5坪サイズなので一般的ですが、天井が高めで手前に収納など何もないので広く感じます。

手洗いを別にしなくて良かったと思っています。 

 

リフレッシュプロガードを頼んでみた

昨年、LEXELのリフレッシュプロガードをお願いしてみました。

十年近く使用してきて、トイレの汚れがつきやすくなったことと、掃除をしても落ちきれない黄ばみや黒ずみが気になったからです。

 

作業は一時間半くらい。

お値段は税込み14.904円(現在は14.800円+税)でした。

出張料込みです。

汚れをきれいに落としてから、キットを使用して汚れがつきにくいガード加工を施してくれました。

(許可頂いて撮影しました)

f:id:tayorako:20190131104306j:image

終了後の便器を見たら、ピカピカ。

新品みたいでビックリしました。 

頂いたパンフレットから

水垢は水道水が「濡れたり、乾いたり」を繰り返す部分に固着します。

他の汚れまで呼び寄せ、黄ばみ・黒ずみなどの原因になります。 

リフレッシュプロガードは、LEXEL独自のコーティング加工を、陶器表面に施すことにより、水道水に含まれるシリカの固着を防ぎ、表面のツルツルが長く続きます。

効果持続期間は約五年間だそうです。

f:id:tayorako:20190131104333j:image

加工を長くもたせるために、刺激の強い洗剤は使わないようにとアドバイスいただきました。

中性洗剤を一本頂きました。

研磨剤入りや固いブラシも加工を傷つけてしまうそうです。

プロガードにおすすめ おそうじクリーナー

 

まとめ

予算の都合で付けたなんちゃってタンクレスですが、収納も兼ねているのが気に入っています。

長く綺麗に使えるためにプロのお掃除を頼んでみましたが、作業が丁寧で嬉しかったです。

普段のトイレの掃除には流せるタイプのトイレブラシを使用しています。

わが家は浄化槽なので流すことは出来ません。

お掃除シートも流すと浄化槽の負担になるので、ゴミとして捨てています。

浄化槽をお使いの方はご注意ください。 

時々はプロの手を借りることも選択のひとつかなと感じました。 

使うだけ使って新しいものに替えるよりも、メンテナンスを加えて気持ちよく使用できる時間を、少しでも伸ばせたらいいなと思っています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。