白い平屋の家を建てました

~こだわりの蔵がある家~

地鎮祭はやる?やらない?かかった費用と流れ

 

地鎮祭とは

わたしが子どもの頃、地鎮祭や棟上げは良く目にする光景でした。

知らないお宅の棟上げにも参加して、お菓子やお餅をもらったことを覚えています。 

最近は棟上げを見ることは(この地域では)全くありません。

地鎮祭はやったという人も、やらなかったという人もいます。 

地鎮祭とはどんな儀式なのか、改めて調べてみました。

地鎮祭 - Wikipedia

土木工事や建築などで工事を始める前に行う、その土地の神を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得る

一般には神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されており、安全祈願祭と呼ばれることもある

  

地鎮祭やらないと後悔する?

わが家は無宗教ですが、お正月の初詣やお墓参りなどはします。

初詣は氏神神社(住んでいる地域の神さま)へご挨拶をしてから、毎年お参りしているお寺へ行っています。 

棟上げはやらないとしても、工事が無事に終わるように地鎮祭はやっておこうかな…そんな感じです。

ここまでトラブル色々ありすぎた(汗)

お願いだから、これ以上のトラブルは勘弁してください。 

営業の話では「やらない人もいるけれど、7~8割くらいはやっています」だそう。

ネットで検索してみたら、やらない人よりはやる人の方が多いみたいですね。 

でも、それは注文住宅を建てた人や建て替えをした人の中での割合です。

建売住宅の場合は地鎮祭をしないことがほとんどなので、地鎮祭をしなければ〇〇になるといったジンクスは気にしない方がいいみたい。 

わが家のように神さまへの報告を気にするタイプ、やるかやらないか迷いすぎている方なら、やらなかったことを後悔しないために地鎮祭を行うことをお勧めします。 

 

地鎮祭に必要なもの

一般的に必要なものは、祭壇・お供え物(お米、お酒)・海の幸・山の幸・野の幸・水・竹・榊・盛土・鍬またはスコップなど。 

ハウスメーカーを介さずにやることも選択出来ましたが、これら全てを個人で準備するのは大変ですのでお願いすることにしました。 

お供え物などの準備から、神主さんの手配まで全てやってくれました。

ノートを見返してみると、費用は45.000円(初穂料)でした。

のし袋に入れて準備し、地鎮祭終了後に神主さんに直接渡しています。 

ミサワホームの請求書には地鎮祭代は入っていません。

建築費分に含まれているのか、神主さんとの契約で渡した45.000円からミサワホームへいくらか渡るのかは謎です。 

地鎮祭の準備と流れ。日取りや時間、服装、お供え物セット、お酒や金額の相場のまとめ

こちらのサイトには参加してくれた方へのご祝儀が、一人一万円と書かれています。

お渡しする場合もあるようですが、担当営業から

「不要ですよ。なくて本当に大丈夫です!」

と言われたので準備しませんでした。 

トラブル続きで出費がかさんでいましたので、素直にその言葉を飲ませて頂きました。 

 

当日の流れ

1月10日 友引

9:30 地鎮祭開始 

〈立ち会った人〉

家族三人、母、義母

ミサワホーム営業、設計士、現場監督

地盤工事担当者、水道工事担当者

浄化槽工事担当者

そして神主さん

〈流れ〉

  • 手を洗って敷地内に入る
  • お祓いをする
  • お供え物を渡す
  • 土地を清める
  • 玉串を捧げる
  • 乾杯をする

10:00 終了(所用時間30分) 

本当はもっとかかるものなのかもしれません。

かなり風の強い日でした。

営業が「今までの地鎮祭ですごい日ベスト3に入ります」と言うくらいの強風。

神棚のものが吹き飛ぶ、吹き飛ぶ…。 

神棚の後ろから、現場監督が供え物押さえていたのを、鮮明に覚えています。

現場監督の髪の毛が…(笑)

厳かなはずの地鎮祭は、ビュービュー風が吹き荒れて何が何だか分からないうちに終了しました。

先々が心配になったのは、言うまでもありません。 

 

地鎮祭終了後   

各業者の担当者も立ち会ってくれたので、そのまま現場の着工立ち合い確認をしました。

建物や浄化槽の位置などを再確認です。 

それが終わったら営業と一緒に、近所へ工事開始の挨拶回りをしました。 

 

まとめ

地鎮祭で使用したお札は、家の躯体に入っています。

「やって良かった?」と聞かれたら、当日の様子を想像して頂くと分かると思いますが「うーむ」と唸るしかありません。 

建築が始まってからも、トラブルは続くけれど無事完成するので良かったはずです(笑) 

やっと着工!

まずは地盤改良から。

引き渡し予定日まで3ヶ月弱。

まだ土地は更地です!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

☆やっとやっと着工です!