白い平屋の家を建てました

~ミサワホーム 蔵がある家~

【平屋暮らしのメリットとデメリット】二階建てと平屋に20年ずつ住んで思うこと

 

二階建てと平屋に住んでいる時間が人生で半々だった

白い平屋の家に住んで十年のたよらこです。

実は、その前に住んでいた家も白い平屋の家でした。

2Kの小さな貸家に約十年住んでいました。 

その前は、二階建ての実家に十年くらい。

そしてその前は、社宅(二階建て)に十数年です。 

改めて計算してみたら、二階建てと平屋それぞれ約二十年ずつ住んでいた。

そんなわたしが、平屋暮らしのメリットとデメリットを考えてみました。

 

平屋のデメリット

網戸のままで眠れない

実家では、窓を網戸にしたままで寝ていました。

寝室が二階で、窓の下が絶壁になっていたから出来たことかもしれません。

網戸から吹き込む風が気持ち良かったことを思い出します。 

平屋では外から入り込もうとすれば、届く高さにあるので大きな窓は開けて眠れません。

エアコンを一晩中回すと、翌朝疲れが抜けないような気がします。

 

家族に来客があったときに、他の人のいる場所が少ない

広い平屋なら、該当しないデメリットだと思います。

コンパクトなわが家はどの部屋もつながっているので、来客時に居場所に困ります。

なるべく見えなそうな場所でひっそり何かをしているか、気にしないようにして自分のやりたいことをしながら過ごしています。

 

水害時の心配

テレビで川の決壊などの水害を見ると、平屋の場合逃げる場所がないなと思います。 

わが家の建っている地域は洪水ハザードマップで浸水深が深い場所ではありませんし、大きな川も近くにありません。

それでも万が一のときに逃げる高さのある場所について、家族と話して決めています。

川の近くや、ハザードマップで浸水深が深い予想の場所に建てる場合には、災害時のことも考えることをお勧めします。

 

 

平屋暮らしのメリット

家族が常につながっていられる

全ての部屋がつながっていて見渡せるので、家族がどこにいて何をしているのかが分かり安心出来ます。

 

二階部分が落ちてこない安心感

大きな震災で、二階部分が一階部分を押しつぶしてしまっている映像を何度も見ました。

平屋は縦に短いため、構造的にも地震に強くて上から押しつぶすものもないので安心です。

屋根も瓦ではなく、重量の軽いスレートを選択しています。

 

バリアフリー

蔵の上の部屋に上がるために八段だけ階段があるのですが、その一部屋を除けば、段差がないので将来的に安心です。

八段上がった上の部屋は息子の部屋なので、わたしは普段全く階段を上り下りしません。

 

導線がシンプル

洗濯物をベランダに干す。

取り込んで下りる。

寝室へ上がる。

掃除機を持って階段を上下するなどはなく、全て横への移動だけ。

生活導線がシンプルって、とてもラクです。

 

トイレがひとつ

二階建てでもトイレをひとつしか設置していない家もあるでしょう。

その場合はトイレのたびに、一階に下りなくてはいけません。

また、二階にも設置した場合にはトイレを二か所掃除しなければいけない手間が生まれます。

平屋はトイレがひとつでも同じ階にあるので不便なく、掃除の手間もメンテナンス代も節約できます。

もちろん設置費用も!

 

建てた後のメンテナンス代が安い

家を建てた後に必要になってくる外壁塗装や屋根塗装などは、足場が必要です。

平屋の場合、足場を建てなくてもメンテナンスが出来たり、高さが低い分費用が安く済んだりします。

外装塗装をしてもらった時に、業者から「屋根を塗装する時にははしごで出来そうだよ」と言われました。

足場代で20万前後(家の大きさにもよります)かかるので、大きな節約ですよね。

 

 

日当たり問題と対処法 

自分で思いつくことを書いてみました。

デメリットとメリットのどちらに含まれるか微妙なものもあります。

例えば家族が常につながっていられるというメリットも、来客時にはいる場所がないことやプライバシーの確保が乏しいなどのデメリットに感じるなどです。

デメリット、メリットどちらに感じるかによって満足度は変わってくるかもしれません。

 

平屋に関する口コミやネットに書かれているメリット、デメリットを探してみました。

上に書いた以外に載っていたことは、

  • 広い土地が必要になる
  • 単価が高くなる
  • 陽当たりの確保が難しい

などでした。

【平屋建てのメリット・デメリット】新築で平屋を建てる時の費用も紹介

 

陽当たりの確保はとても大切です。

横に広いので、太陽の光が届かない場所が多くなりやすい。

わが家では、蔵の上に作った部屋とのしきりに窓を設けました。

そこから差し込む光で、暗くなることを回避しています。

f:id:tayorako:20190122100752j:image

この窓を作ることで陽当たりの確保とともに、窓越しに会話出来るなど、家族のコミュニケーションもアップしています。

 

まとめ

息子(希生)が巣立つまであと何年なのかなぁ。

もしかしたら数年かもしれないし、十年くらいかかるかもしれません。

でもきっと三人で暮らす時間よりも、夫婦二人で過ごす時間の方が長いはずです。

部屋が余っても空間にゆとりが欲しいのか、ギリギリのサイズで将来に備えるのか、それはその人次第。

わが家は三人でぴったりサイズ。二人になっても程よいサイズを選べたように思います。

デメリットを知った上で間取りに生かして頂ければ後悔のない家が建てられるのではないでしょうか。

平屋を建てようか迷っている方の参考になれば幸いです。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

☆寝室の窓は防犯性の高い形を選びました