白い平屋の家を建てました

~ミサワホーム 蔵がある家~

【ハウスメーカーの選び方】ミサワホームを選んだ理由

 

三社との出会い

住宅展示場って色々なイベントをやっているのですね。

びっくりしました。

農産物をもらえたり、敷地内に設置されたプールで息子を遊ばせたりと楽しかったです。

家を建てるかも…と思ったら、気軽に遊びに行ってみてもいいと思います。 

ハウスメーカーは絶対にここでというところはなく、ハウスメーカーで作れるか分かりませんが、とりあえず見に来ました的な感じで回りました。 

地元の工務店で建てた家も二軒回ったのですが、どちらのモデルルームもピンとこなかった。

ワクワクしないのに家を建てることが想像出来ずに、お断りしました。 

展示場内はほとんど中に入って回りました。

各ハウスメーカーの技術と知恵を総結集させて作ったものがモデルルームなので、ため息しか出ません。

現実味は感じなかったのが、正直な感想です。

 

各メーカーを回るとアンケ-ト記入を勧められますが「まだすぐに家は建てません」と連絡先記入を断ることが出来ます。

名前や住所を記入すると必ず後日訪問があるのでご注意を。

 


予算的に微妙なわが家に親切に接してくれたDハウスと、前から憧れていたHハウスと、知人に勧められたミサワホームが最終的な候補に残りました。 

 

三社とのやり取り

ここから書くことは個人の感想です。

どのハウスメーカーの営業や設計が優れているなどは、一人一人違うので一概には言えませんし、受け取り方もそれぞれ。

参考までにお読みください。

 

二世帯住居を考えているとき

  • Dハウス 設計は可も不可もなく。営業は明るくて爽やか。どんな要望も伝えやすい。
  • Hハウス 無理だと思っていたHハウスの家が建てられるかもとワクワクするも、設計を見返してみるとかなり狭い。単価が他の二社より高め。営業は優等生な雰囲気で真面目。
  • ミサワホーム 広くない敷地での二世帯で、最も心配だった騒音問題。一階と二階の間に蔵をはさめば解消できるのでは、と提案してもらう。

 

二世帯住居が流れそうになったとき

  • Dハウス 土地選びも一緒にやりますから大丈夫と励ましてくれる。好印象。
  • Hハウス 土地からだと予算的に厳しいので、何とか二世帯をと食い下がられる。
  • サワホーム 「お~そうなのですか、了解」と軽いノリ。

 

土地から探し始めたとき

  • Dハウス 一生懸命土地を探してくれて、その土地を使った家の間取りを提案してくれる。ただ設計士と相性が悪いらしく、こちらの要望が形にならない。
  • Hハウス 中古物件の建っている安くて狭い土地を見つけてきてくれて、そこを買って立て直す案を提示。わが家の予算的にHハウスでの土地探し&家は難しかった。
  • ミサワホーム 上の二社と違って小まめな訪問なし。たまに来て程よい提案をしてくれる。

 

Hハウスをやめた理由

憧れていたHハウスを選択から外した理由は、予算的に難しい(作れるとしたら、安くて狭い土地に小さな家)ということと、どんどんエスカレートする営業の熱に嫌気がさしたことです。 

Hハウスの方針なのかは分かりませんが「いついつまでのご成約でこの割引…」という言葉を何度聞いたか分かりません。 

早く決めてくれという気持ちも分かりますが、一生に一度の買い物をしているのだから焦らせずにゆっくり決めさせてほしいと思いました。 

「ごめんなさい」と申し出る時には、それまで色々考えて時間を割いて下さったことを思い出して心が痛くなりました。

平常心を保とうと引きつっていた営業さんの顔が忘れられません。 

 

Dハウスをやめた理由

ミサワホームとともに最後まで選考に残っていたDハウス。

営業は二十代で若い男の子でした。

時々失敗もするけれど、明るく一生懸命で好感がもてました。 

まずまずな土地を見つけてきてくれたときに設計が始まったのですが、上にも書きましたが、設計士との意思疎通が上手くいかない。

直接こちらの要望を伝えているのですが、どうしてこの部屋この形?この場所に??みたいな出来上がりが続いていました。 

最後の方になって外部の住宅総合のコンサルティング営業まで同行し始めたのですが、その人の雰囲気が怖かった。

こちらに考えさせる時間を取らせない方法、ぐいぐい来る人、苦手です。

 

ミサワホームの探してきてくれた土地にDハウスの建物を…と言われたときには「はっ?」と思いました。

「逆の立場だったらどうですか?土地と建物はセットでご縁だと思っています」とお断りしました。 

三社で比べられたから色々見えたけれど、断る時のエネルギー必要量は半端じゃなかったです。 

 

ミサワホームを選んだ理由

  • 住宅展示場で見た蔵に憧れた 
  • 理想に近い土地を探してきてくれた
  • こちらの要望を形にしてくれると感じた
  • 営業がグイグイ来ない
  • そろそろ来ないかな~と思うタイミングで欲しかった情報を持って来てくれる 

 

姉歯事件を振り返る

わが家が家を建てる数年前に『姉歯事件』という構造計算書偽造問題が起きました。 

構造計算書を偽造して作ったマンションやホテルの耐震強度が不足していると大きく報道されました。

構造計算書偽造問題 - Wikipedia

 

ローンを組んでわが家を手に入れたと思ったら、耐震強度が不足しているなんて考えただけで悲しい。 

わが家(というよりは夫)がハウスメーカーにこだわったのは、この事件を見て信頼できるところにしっかりした家を作ってもらいたいと思ったから。 

もちろんハウスメーカーなら絶対大丈夫とか、小さな工務店では必ず心配というわけではありません。 

 

口コミに惑わされず信頼出来るメーカーを選ぶ

各ハウスメーカーの口コミを調べるとコテンパンに書かれていて不安になりますよね。

わたしの周りにはセキスイハイム、住林、三井ホームで建てた友だちがいます。

それぞれ満足している部分、不満に感じている部分はあるみたいです。

同じ三井ホームで建てたけれど、一人はすごく満足しているし、一人は不満が爆発です。水道業者がダメだったらしくて、新築が水でびしょびしょになったと嘆いていました。

 

家を建てるために奔走してみて分かったことは、実際に建てているのはミサワホームではなく下請けの方達。

それをまとめて管理しているのがミサワホームということでした。

わが家はミサワホームの営業さん、建築士さん、下請けで実際にわが家を建てるために手伝ってくださったたくさんの方達の結集なのです。 

だから、どこで建てれば安心ということはないです。

ハウスメーカーだろうが、小さな工務店だろうが、関わってくれた方たち一人一人によって家の良し悪しは変わります。 

とことん話し合って信頼出来るかを確認することと、要望を伝えてそれを形にしてくれるかを見極めることが大切。

後は、ご縁と相性だと思います。 

あれ?と思ったら引き返す勇気も断る勇気も必要です。

どうか、流されずに家づくりをして下さいね。

 

お読み頂き、ありがとうございました。

 

 

☆ハウスメーカー選びについて書いてある記事です