白い平屋の家を建てました

~こだわりの蔵がある家~

地盤調査と地盤補強 ~調査内容と補強にかかる費用~

地盤調査とは

構造物などを立てる際に必要な地盤の性質の把握などを目的として行われる調査。

この調査により地盤強度や構成、性質、地下水位などが判明し、構造物が施工できるようになる

地盤調査(ジバンチョウサ)とは - コトバンク

 

家を建てるときには、瑕疵保険に入ります。

瑕疵とは欠陥を意味していて、建物に何かあって事業者が万が一倒産してしまっても十年以内なら修理費用をカバーしてくれるという保険です。

入るのは住宅事業者(ミサワホーム)の方ですが、この保険に入るために地盤調査報告書もしくはこれに変わる書類の提出が必要です。

地盤編|住宅かし保険に関する"よくあるご質問"|住宅瑕疵担保責任保険協会

 

 

土地選びと地盤補強 

見えないからこそ、不安な地盤。 

土地選びの記事にも書きましたが、建てる前にその土地が昔どんな場所だったのかを調べることをお勧めします。

 

子どもの頃に住んでいた土地は水はけの悪い場所で、台風が来たり大雨が続いたりすると床下浸水をしていました。

地盤サポートマップ(地盤調査・解析実績100万棟感謝キャンペーン 第4弾 気になる土地を調べてみよう)で調べたところ、その当時住んでいた場所はやはり弱い地盤でした。

 

その地区に今も住む幼なじみが、実家の敷地内に家を建てたのです。

打たなければいけない杭が長すぎて、地盤補強に相当な金額がかかったと言っていました。

水が溜まりやすい場所は柔らかいということは、イメージ出来ます。

 

ちなみに二世帯住宅を考えていたときに、実家も地盤調査をしました。

地盤が強くて、補強なしで大丈夫と言われました。

わが家の補強には100万円かかっているので、大きな差です。

 

スウェーデン式サウンディング試験

地盤調査にはいくつかの方法があります。

  1. スウェーデン式サウンディング試験 : ジオテック株式会社

  2. ボーリング標準貫入試験 : ジオテック株式会社

  3. ハンドオーガーボーリング
  4. 平板載荷試験
  5. オートマチック・ラム・サウンディング試験
  6. ポータブルコーン貫入試験
  7. レイリー波探査

地盤調査 : ジオテック株式会社より

 

戸建て建設時に良く使われる、スウェーデン式サウンディング試験を行いました。

スクリューポイントを取り付けたロッドの頭部に荷重を加えて、ロッドがどれだけ地中に貫入するかを測ります。

ロッドの沈み込がなく静止している場合は、ハンドルを回転させてさらに地中にねじ込み、25cm貫入させるのにハンドルを半何回転させたかを測定。

その結果をもとに地盤の強度を判断します。

 

 

地盤調査報告書

これが地盤調査報告書です。
f:id:tayorako:20190114105321j:image

  1. 敷地・地盤調査概要
  2. 調査地
  3. 調査地の地形図・地質図
  4. 敷地調査結果
  5. 測定点位置図
  6. 測点一覧
  7. スウェーデン式サウンディング試験結果
  8. 測定断面図
  9. 沈下に関する検討
  10. 基礎工法の選定
  11. 現場写真

報告書を元に説明してもらい、地盤補強の仕方・金額などを提示されました。

 

 

柱状改良工法

地盤調査の結果、柱状改良工法が行われることになりました。

直径600㎜、深さ3.5mのコンクリートの柱が39箇所入っております。

総額約100万。

痛いですが、仕方ないですね。

 

勉強不足ですが、家を建てるためには地盤調査が必要で、地盤補強が必要になるなんて知らなかった。

こんなに高額だなんて…。

 

 

ベタ基礎と布基礎

わが家の土地は良い地盤ではないものの、すごく悪い訳ではないことが分かりました。

それに応じた地盤補強もしました。

 

水脈が浅いところにあるそうですが、雨期になってもそれが大きく変化するわけではないことも分かりました。

 

ベタ基礎が主流になりつつある昨今で、布基礎をすると聞いて不安になり、勉強会を開いてもらいました。

 

そこで受けた話をメモしたノートより。

  • 建物の重さの比重が左右や前後で違うとバランスが悪くなり、基礎が重くなる
  • 地盤が柔らかめで歪みやすいので、コンクリートにひびが入る確率が高まる
  • コンクリートの面で支えるよりも布基礎のように点で支えるほうが、左右の比重が違っているときにも沈まない(これはミニチュアで実験してもらいました) 
  • コンクリートが少ないと水分の蒸発が少なく、建物への影響が少ない

 

わが家は蔵を加えた分、片側だけ天井が高いのです。

そのバランスの悪さを、柔らかい土地で支えるためにはベタ基礎よりも布基礎の方が良いとの判断です。

 

勉強会を開いてもらって夫婦で納得出来たので、そのままお任せしました。

 

田畑に囲まれているので、床下がびしょびしょになったりしないだろうか…と素人の不安を抱えていたのですが、何度か確認している範囲で床下が湿っていることはないです。 

分からないことを分からないと伝えて、それを勉強出来る時間を設けてくれたミサワホームに感謝しています。 

 

ご覧頂き、ありがとうございました。

 

~参考記事~