白い平屋の家を建てました

~ミサワホーム 蔵がある家~

GL設定(土地と建物の高さ)をもう少し上げておけば良かった…という家づくりの後悔

地盤改良工事

地鎮祭をどうにか終えたら、まずは地盤改良工事です。

わが家の改良方法は柱状改良。

直径600㎜、深さ3.5mのコンクリートの柱を39箇所入れていきます。

どんなふうに工事をするのか見たかったのですが、インフルエンザで寝込んでいるうちに終わってしまいました。

 

地盤調査で水脈が浅いと聞いていたので、心配していました。

少し水が出たそうですが、工事に影響が出るほどではなかったということで、ホッとしました。工期は三日間でした。

大きいコンクリートの柱が出来た後は、全て土で埋められて何も見えなくなりました。

 

GL設定問題

橋や土留め工事をしてもらった業者から「工事中に近所の人が通りかかって、この辺は水が溢れやすいけれど、土地の高さを上げなくて大丈夫なの?と言われたよ」と報告が。

 

えっ!

そうなの⁉

 

水はけについては地主さんに確認し、農地転用中には何度も土地に足を運んでいたので大丈夫だと思っていました。 

土地と建物の高さの設定をGL設定と言います。 

「GL設定はどうしますか」と設計士に聞かれたことは、鮮明に覚えていました。

GL設定が分からなかったから…。 

当時はまだネットで情報を得られる環境はありませんでした。

でも、分からないことは納得出来るまで設計士に聞けば良かったなぁと後悔しています。 

 

周囲の家が道路面よりかなり高かったのです。

周囲と合わせたほうが良いのかな…と思いましたが、嵩上げするにはお金もかかるし、敷地内に段差が生まれてしまう。 

「GLはゼロで良いのでは」と提案されて了承しました。

f:id:tayorako:20200208222223j:plain
 

GL設定が低かったために大雨で冠水

近所の方からの情報で不安になり、営業に相談しました。

「心配でしたら基礎工事で出る分の土を嵩上げしますか?」との提案。

廃棄するはずだった土を使用できるので、一石二鳥ということでお願いすることにしました。

嵩上げ出来たのは数十センチですが、上げておいて良かったです。 

欲を言えばあともう少し上げておきたかった。

年に数回、大雨時に敷地の前を流れる農業用水路が溢れます。

普段の水位はかなり浅いのですが、大量の雨の後はこんなふうに…💦

f:id:tayorako:20190126212439j:image

土地を見つける際には、水はけがいい場所かどうかも調べることをお勧めします。

家の増築は後からでも出来ますが、土地の嵩上げは出来ません。

 

基礎工事開始 

地盤改良が完了すると、基礎工事が始まりました。

布基礎なので土が残りつつ、砂利も敷かれます。

一月下旬にコンクリート基礎の枠組みが出来上がり、一月末にコンクリート流して乾燥まで待ちます。

ブルーシートはしっかりかかっているものの、雨が続いて心配になり営業に連絡。

「全く問題ありません。当日の天気が雨でない限りコンクリートの強度に影響は出ませんよ」とのこと。

そうなんだ、良かった…。

無知って不安になることばかりですね。 

二月初めに枠型外し。

足場の組み立てが始まりました。